ブラックジャック

ブラックジャックのルール

ディーラー(胴元との間で1対1で勝負をするゲームです。
プレイヤーが複数の際は、ディーラーは複数のプレイヤーと同時に勝負をすることになりプレーヤー同士の勝負にはなりません。

カードは2~10はその数字通りの値で、絵札であるK(キング)、Q(クイーン)、J(ジャック)は10として数えます。A(エース)は、1と11のどちらかとして使用でき、
プレイヤーの目標は、21を超えないように手持ちのカードの合計を21に近づけ、ディーラーを上回ることです。
21を超えた場合はバスト(bust)といい、負けとなってしまいます。

この21を超えるか超えないか、ディーラーの手札より上か下かといった駆け引きが楽しめるゲームです。

プレイヤーが最初のベットを終えると、ディーラーはカードを自分自身を含めた参加者全員に2枚ずつ配ります。
ディーラーの2枚のカードのうちの1枚は表向きにされ、皆が見ることができます。もう1枚のカードは伏せられていてプレイヤーの行動が全て終わった時点ではじめてディーラーの2枚目のカードが表向きにされます。

プレイヤーのカードはカジノによって表向きの場合と裏向きの場合がありますが、現在主流になっている6デッキ以上を利用するルールにおいては表向きで配られることが多いです。

この時点で、プレイヤーが21(1枚は10、J、Q、Kのうちのどれかで、もう1枚はAという組み合わせの場合のみ可能)であれば「ナチュラル21」又は「ナチュラルブラックジャック」と呼ばれ、ディーラーが21でなかった場合には、ベットの2.5倍の払い出しを受けることができます。

プレイヤーとディーラー、双方がナチュラル21の場合には引き分けとなり、プレイヤーがナチュラル21にならずディーラーがナチュラル21の場合には自動的にプレイヤーの負けとなります。

勝敗が決まっていない場合プレイヤーはヒット(もう一枚ひくまたはスタンド(今の手札で勝負するの選択を行います。

ルールによっては、ヒットとスタンド以外にも追加のルールを採用しているところもあるのでプレイ前に確認が必要です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です