DMM Bitcoinとは?ビットコイン以外も取り扱っている?

「仮想通貨」の内容などを理解していなくても言葉は、今や誰でも知っているのではないでしょうか?言葉は知っていてもじゃどこで仮想通貨を購入してどこで売却するか知っていますか?

仮想通貨はオンラインカジノやスポーツベッティングなどの入出金にも使われています。

仮想通貨を購入や売却するという言葉を使ったからと言ってコンビニなどで売っているものではありません。「取引所」を使って売買することが出来るようになります。今回はその取引所の一つでもある「DMM Bitcoin」についてまとめて見ました。

DMM Bitcoin(ビットコイン )とは?

DMM.comで知られる「DMM社」が2018月1月11日に仮想通貨の取引が出来る取引所をオープンさせました。それが「DMM Bitcoin」となります。

DMM社は海外為替取引である「FX事業」で登録口座数日本一の実績があるためにとても注目をされています。取引所の名前に「Bitcoin」が入っているからと言って「Bitcoin」しか取り扱っていないというわけではありません!ちゃんと他の仮想通貨も扱っています。

対応している仮想通貨や通貨ペアは何がある?

対応している仮想通貨は7種類となっています。現在「仮想通貨」と呼ばれるものはたくさんあります。国内で作られたものなどもたくさんありそれぞれが注目を浴びているものもある中で「DMM Bitcoinはたった7種類だけしか取り扱っていないのか?」という風に思った人もいるかもしれません!

ですが、下に記入した仮想通貨はどれも世界中の多くの人に知られている主要の仮想通貨とも言えるものが全て取り扱っているのは国内では「DMM Bitcoin」だけになります。他の取引所ではまた違うものが取引できる商品として用意されていたりしますが、この7つを用意出来ているのは今のところありません。

  • Bitcoin(ビットコイン)
  • Ethereum(イーアリサム)
  • Ripple(リップル)
  • NEM(ネム)
  • Litecoin(ライトコイン)
  • Bitcoin Cash(ビットコインキャッシュ)
  • Ether Classic(イーサリアムクラシック)

以上になります。どれも有名なものなので聞いたことがあるようなものかもしれませんね!

通貨ペアは全部で14種類

現物取引ができるのは4種類のみとなっています。

  • Bitcoin - JPY(日本円)
  • Ethereum - JPY
  • Ripple - JPY
  • Ethereum - Bitcoin

残りの10種類はレバレット取引での対応が可能となっています。

  • NEM - JPY
  • Litecoin - JPY
  • Bitcoin Cash - JPY
  • Ether Classic - JPY
  • Ripple - Bitcoin
  • NEM - Bitcoin
  • Litecoin - Bitcoin
  • Bitcoin Cash - Bitcoin
  • Ether Classic - Bitcoin
  • Ether Classic - Ethereum

DMM Bitcoinでは自己資金の「4倍」のレバレッジを利用して取引することが出来るようになっています。

自己資金より「4倍」早く儲けを出すことが出来る一方で、「4倍」の早く自己資金を無くしてしまうということもありますので、「レバレッジ」は十分理解して使用することもオススメします!

DMM Bitcoinは手数料がほとんどかからない

DMM Bitcoinでは、ほとんどの手数料というものがかかりません!通常ならば「入金手数料」がかかってしまっていたり、お金を出すときに「出金手数料」ということで取られてしまったりしますが「DMM Bitcoin」では無料となっています。

必要になってくる手数料は「レバレッジ取引」のときに「0.04%」が一日ごとにかかってしまうということになっています。他の手数料がないためにとても取引がやりやすいことになっています。

DMM Bitcoinのまとめ

今は「仮想通貨」というと価格変動の起きやすい商品と言われています。価格が一日にして倍になることもあります。そうなると反対のことも起こります。

誰でも簡単に儲けることができるような甘い商品ではありませんが、これから先「紙幣や硬貨」がどんどん見なくなっていき通貨としての価値が無くなってしまうなんてことも起こるかもしれません。仮想通貨がどんなものなのか?今現在の価値はいくらの値段がするのか勉強しておくと将来に役立つということもあるでしょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です