オンラインカジノのライセンスとは?ソフトウェアとはなに?

オンラインカジノのやるならば知っていなければいけないことがたくさんあります。

その中でも「ライセンス」とは一体なんなのか?なんのためのものなのか?オンラインカジノを安心してプレイできるようにわかりやすくまとめてみました。

オンラインカジノのライセンスとは?

オンラインカジノをキチンと運営している企業は、政府公認のライセンスを取得した上で運営しています。政府が発行しているライセンスがあれば「合法的に運営している」という証明になるためです。

オンラインカジノのように大金が動く商売は信用性がなくては、プレイヤーは寄ってきません。日本でもお金が関わるような銀行や証券会社などは「クリーン」なイメージがないとお金を預けたり、資産運用なんて絶対しないですよね?

それと同じで海外に住むプレイヤーたちも「合法的に運営している」と証明できるライセンスがあれば信用度は増しますが、取得していないオンラインカジノは「非合法」と見なされ、イカサマがあるのではないか?トラブルになった時はプレイヤーが泣き寝入りしなくてはいけないのか?など不安に思う部分が多くなり、プレイしてくれる人はいなくなってしまいます。

日本国政府がやっているギャンブルと言えば日本中央競馬会(JRA)です。

競馬の馬券を競馬場には行けないから場外馬券売り場で馬券を買おうと思った時に、「JRA」のマークがなければ本当に大丈夫かな?なんて心配になりませんか?「ウインズ」や「エクセル」のように正規の場所には必ず「JRA」のマークがあり、キチンと表記がされています。

それは日本国政府によって定められた場外馬券売り場だからです。

それと同様にオンラインカジノでも政府によって運営を許可された企業にはライセンスの発行されそれを堂々と表記しています。

ライセンス表記は必ず確認する。

オンラインカジノをやる前に、プレイしようと思っているオンラインカジノがどこでライセンスを取得しているのかを探してください。下記の画像は日本人に一番人気の「ベラジョンカジノ」のトップページの一番下にあり誰でもすぐ見えるところにあるものです。

ライセンスは「マルタ共和国」のものを取得しているのがわかります。正規で運営されているオンラインカジノであればすぐに見えるようなところでライセンスなどを公表しています。

雰囲気が良さそうさサイトであっても、ライセンスがどこに表記しているのかわからないサイトはどこの誰が運営しているのかわからなかったり、ライセンスを取得せずに運営されているような可能性があるため、入金はしないほうがいいと言えます。

ソフトウェアとはなんなのか?

オンラインカジノがプレイできるゲームは運営企業が自社制作したゲームなどはありません。

ゲーミングソフトウェア会社に業務提携をしてソフトウェアを提供してもらっています。

自社で制作されたゲームになるとイカサマをしてしまう企業があったり、逆にイカサマを全くしていないのにも関わらずに、イカサマを疑われたりと何かとトラブルが付いて回ります。それを避けるためにも、ゲーミングソフトウェアを開発している会社とオンラインカジノは分けられています。

先ほどのベラジョンカジノで見てみましょう。

赤枠の中にゲームを提供してもらっている会社のロゴが入っています。特に注目するべき会社が
・Microgaming(マイクロゲーミング)
・NETENT(ネットエント)

です。マイクロゲーミングは業界最大手と言われる会社で、一流のソフトウェアを誇る会社だからこと、契約時の料金が高額と言われており、マイクロゲーミング社と提携しているオンラインカジノは、資金力があると言えます。

ネットエント社はスウェーデンのストックホルム市場に上場しているほどの企業となるため信用度も高い会社と言えます。

オンラインカジノ要点まとめ

日本でオンラインカジノをプレイするならば、まずは「ライセンス」の確認をしてください。

すぐに見つけれないようなオンラインカジノは注意が必要となります。どこのオンラインカジノでも真っ先に見られる部分ということはわかっていますので、それを見やすい場所に表記していないオンラインカジノに入金はやめたほうがいいと言えるでしょう。

海外サイトでのトラブルは、泣き寝入りする場合が多くなってしまいます。そうならないようにするには事前の確認が必要になります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です